« 「スナック『葵』」byP短歌 | トップページ | 挿入歌「悲愴」 »

2005年6月23日

「スナックあをぞら」その2

突きだしは蛸の酢漬けって決まっている。

だって面倒くさいもの(笑)。
他の物を作るのは……

この店の長年のベストセラーって
常連さんには納得してもらってるわ……

というのは嘘(笑)。
精魂こめて準備させてもらっている。

突きだしで売り上げは決まるのよ。
最初のインパクトは重要だわ。

どうせ
私は枯れる寸前ですからね……

お酒の進むアテを準備するのは
スナックの常識よ。

何かしっくりこない……

ここは私の城。
とっても小さいけれど
守り抜いてきた立派なお城。

けれど
何かしっくりこないのよね 
今日は……

舌の感覚が狂うので
開店前には止めていた煙草に火をつけた。

7時きっかりに出すと決めていた看板を
5分遅れで乱暴に外に出した。

普段は45分で終わるはずの拭き掃除を
1時間経った今もダラダラと続けている。

今日は煙草は1箱で止めようと決めて
2本立て続けに吸ったところで
カウンターに放り投げた。

どうしちゃったのかしら……

そんな気はさらさないのに
悲しい歌が口からこぼれ落ちていた……

※※※※

突きだしは蛸の酢漬けでいいかしら頼りきるほど古くないけど

※※※※

|

« 「スナック『葵』」byP短歌 | トップページ | 挿入歌「悲愴」 »

スナックあをぞら」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スナックあをぞら」その2:

« 「スナック『葵』」byP短歌 | トップページ | 挿入歌「悲愴」 »